【家計の裏技】固定費のプチ見直しは“労力対効果“で選ぶ! 通信費見直しの優先度が最近爆上がりしているワケ

新しいライフスタイルに応じて家計を見直し、貯蓄に本気で取り組むことを心に誓った方も多いのではないでしょうか。家計には変動費と固定費があり、固定費とは毎月(または年に数回)決まった額出ていく支出のことです。貯蓄をはじめようと思ったらまず固定費の見直しから始めましょう。

<固定費の例>

  • 住居費(住宅ローン・管理費)
  • 保険料(生命保険・年金)
  • 通信費(インターネット料金・携帯・固定電話)
  • 水道光熱費(水道・電気・ガス)
  • 教育費(保育料・学費・塾・習い事)
  • 小遣い(子供小遣い・夫小遣い・妻小遣い)

固定費は、食費やレジャー費などの変動費と違って固定費は都度我慢したり判断したりする必要がなく、一度見直してしまえば何もしなくても一定期間支出が抑えられる、いわば貯蓄の大きな味方!

しかしながら、節約できる金額が大きくても見直しに必要な労力まで大きなものもあります。住宅ローンを借り換えるなどがその代表でしょう。保険の見直しも場合によっては損失が出ることもあるので、ある程度落ち着いて検討する時間があるときに取り掛かるのがおすすめ。どちらも一日かけても見直す価値のある、大きな節約になります。

時間がなくても大丈夫! プチ見直しで即家計改善の2項目
逆に、非常に小さな労力ですぐに見直せる固定費もあります。手続きのほとんどがお手元のスマホで済んでしまう、通信費などは労力あたりの節約額という視点で見るとかなりの優良物件。わずか数分の手続きで毎月の数千円を貯蓄に回すことが可能です。

見直し①スマートフォンの料金プランはお手元の携帯だけで変更可能

例えばスマートフォンの料金プランなどはその代表です。ここ数年で各携帯会社より、新しい料金プランが誕生しているので、何年も契約内容を見直さずに古いプランを使っていたら、払いすぎている可能性あり。プランを変えるだけで半額以上安くなるケースも!
プランの変更はお手元の携帯からすぐに手続き可能です。また、プラン変更より少し手間はかかりますが、携帯電話会社ごと変更を検討するのも一つの手。

何年も前に「メールアドレスが変わるのがいやだから。」と変更をためらった携帯電話会社の乗り換えも、今になってみると「メール? 最近開いてないなあ。」となって、ぐっと乗り換えのハードルは下がっていたりしませんか。あまりよくわからない格安スマホに手を出さなくても、今は大手キャリアも競うように格安プランを出していますので、専門の知識がなくても安心して乗り換えられます。

労力対効果がバツグンに高いので、何年も見直してない方は、すぐにでもトライしてみて!

見直し②工事不要で年間1万円以上も節約できる光回線の乗り換え方法

次におすすめしたいのが自宅のインターネット契約の見直し。意外とほったらかしのお宅が多いのです。ご自宅を光回線に変えたのは何年前ですか? 接続機器は当時のままだったりしませんか?

コロナの影響もあり、リモートワークやオンライン会議、オンラインゲーム等が当たり前の世の中になってきていますが、お家でインターネットを使っていて、ストレスを感じるシーンがあるご家庭もあるのでは?
「一応、繋がるし」とずっと放置している場合、リモートワークで自分だけよく落ちたり、動画配信サービスを視聴中に別室でオンラインゲームをしている子供が文句を言ってきたりするのが、実は最近気になっている…なんて方も多いのではないでしょうか。

「でも“光”が最新でしょ? もう光だから、うちはこれ以上速くはならない」とよく聞きますが、これは大きな勘違いなんです。光回線の接続方式も実は進化していて、何年も放置している契約では旧世代の技術でネットに接続していることがほとんど。契約を切り替えることで同じ線に繋いでいるのに倍以上も速くなるなんてことも珍しくないのです。

>>GMOとくとくBB「速度の秘密」について詳しくはこちら

とはいえ光回線は、光ファイバーケーブルで繋がれた有線接続のため、「また業者と電話でやり取りをして工事の手配をするのは面倒・・・」と二の足を踏んでしまうあなた! それも、実はよくある誤解です!

最近は光回線同士であれば、ある事業者から別の事業者に契約を切り替えたとしても、再工事はいらないことがほとんどになっているのをご存知ですか?
実は、多くの事業者は同じ光回線のケーブルを共有してサービスを提供しているため、再度工事をしなくても、会社間の切り替えで乗り換えが完了します。
(※一部、独自の光回線網を使ったサービスもありますが、工事が必要な場合は必ず契約時に教えてもらえるので、ここでは特に気にしなくてOKです)

工事不要、全く同じケーブルに繋いでいても、最新の接続方式で混雑しない高速通信を手に入れられる。しかも料金も安いとなれば今すぐ切り替えるしかありません。

料金を安く抑えるコツは、ズバリ光を提供する会社(事業者)の選び方にあります。
実は、光回線そのものの料金は今も昔もそこまで大きく変わりません。
ではなぜ安くなるのかというと、多くの事業者で採用している「セット割」という仕組みが鍵!
セットの組み合わせはいろいろありますが、何といっても割引額も大きくて人気なのが、先ほど見直しをおすすめしたスマートフォンの通信会社と同じ会社の光を選ぶ方法です。

同一ブランドの携帯と光を利用する場合、毎月1000円ほどの割引がスマホの月額料金から割り引かれることが多いので、単身者でも年間で1万円以上の差に。

そしてここからが各社のセット割が大ヒットした理由なのですが、多くのセット割では、光回線の契約はひとつでも、家族全員のスマホ料金に割引が適用されます! もちろん他の事業者のスマホを利用している家族には割引がつかないので、家族4人で携帯会社を揃えている方なら毎月4000円ほども割引が入るため、光回線の月額料金をほぼほぼ割引額でペイできてしまうなんてことも!

>>ドコモ光の料金について詳しくはこちら

■ドコモケータイの人がドコモ光を利用した場合と非利用の場合の比較

年月 割引(単身) 割引(3人家族)
1ヶ月 -1,100円 -3,300円
1年間 -13,200円 -39,600円
10年間 -132,000円 -396,000円
30年間 -396,000円 -1,188,000円
  • ※上記は「ギガホ」、「ギガライト」をご利用の方の場合です。

こんなに違うの? と驚いてしまう金額ですよね。まず確認することは携帯キャリアと光キャリアが一致しているか
もし、今ご契約中の光回線が携帯電話会社と同じブランドの光ではないという方は、すぐに見直すことをおすすめします。では実際に光回線と携帯電話会社を同じブランドにする手続きやサービス内容について紹介していきましょう。

例:ドコモ光に乗り換える

今回ご紹介するのは、利用者の多いドコモの場合を紹介。
ドコモのスマホをお使いの方で、インターネット会社を違う会社で契約している方は、光回線を「ドコモ光」へ、プロバイダーはGMOとくとくBBにするのがおすすめです。

GMOとくとくBBのドコモ光は、高性能なWi-Fiルーターが無料でつかえるとあって、ドコモ光の中でもダントツの人気を博しています。しかも最大35,500円キャッシュバックのお申込み特典に加えて、現在ご利用中の回線で解約違約金が発生した場合は一律20,000円の追加キャッシュバックがあるので、他の光回線からの乗り換え組には嬉しい限り。

工事不要で簡単に切り替えられるとはいえ、現回線の解約に伴い解約違約金なんて余計な出費が発生してしまったらおトクも目減りしてしまいますから、合計最大55,500円ものキャッシュバックがあるのはありがたいですね!

>>ドコモ光の違約金負担特典について詳しくはこちら

手続き方法

「ドコモ光」もスマートフォンの乗り換え同様、携帯ショップや家電量販店に行かずに自宅から手続きが可能なので、都合のいい時間にサクッと乗り換えが可能です。

<手続きは2STEP!>

  • GMOとくとくBBでドコモ光手続きを予約する(WEB申込みに進む)
    ※折り返し電話の予約日時を予約
  • 希望の時間帯に電話がかかってくる

これだけ! 電話で専門スタッフからの案内に従って、ドコモ光への乗り換えを進めていきます。先ほど紹介した携帯のセット割やキャッシュバック特典などもしっかり説明があるので、調べてもよくわからない方でも安心です。

まとめ 乗り換えるだけで固定費がずっとお得、さらに最大55,500円キャッシュバックの光回線

ではご紹介した内容のおさらいです。

  • 貯蓄をはじめようと思ったらまず固定費の見直しから
  • 固定費の中でも「スマートフォンの料金プラン」「自宅のインターネット契約」の見直しが労力対効果のコスパが最高
  • スマートフォンの料金プラン見直しも自宅のインターネット契約の見直しもスマホから簡単に手続きができる
  • 光を提供する会社は、スマートフォンの通信会社と同じ会社の光を選ぶ
  • ドコモ光の場合、Wi-Fiルーターや解約違約金もサポートする最大55,500円キャッシュバックGMOとくとくBBがよい

たった数分の入力や自宅に居ながらのお電話で、この先何年もの未来の貯金が作れちゃうなんて、“労力対効果”がいいですよね!
皆さんも今すぐスマホから、通信費のプチ見直し、はじめてみてください!

本記事で紹介した節約術はこちら

工事不要で乗り換えカンタン! おうちのネット回線今よりおトクにできるかも 詳細をチェック

この記事は役に立ちましたか?

ご回答ありがとうございました。

この記事についてご意見・ご要望がありましたらお聞かせ下さい。

ご回答ありがとうございました。

ご協力ありがとうございます。